2013年 05月 31日 ( 1 )

5月27日の毎日新聞から
国連科学委員会:福島第1原発事故「明確な健康影響ない」そうです。

実は身近では、心臓疾患、無能胎児、甲状腺がんが福島市内でも報じられているのに
健康影響はないと、市民は何を信じたらいいのでしょうか。
今は、まだ症状が現れないが5年後10年後と健康不安は間違いなく全市民は抱えて低線量被曝を受けながら日常を送ってお\いる実情です。

そんな時〝農と島のありんくりん”さんのブログに出会い少し気持ちが前向きになり
県、国に県民の健康管理をしっかり指導してもらい、安心してこれからの日常を送りたいものです。
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-091c.html
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/1-7260.html

 現在の生態系への影響はどうなのかと疑問も頭をかすめていたら「研究進んでない」そうです。
早くどんどん研究を極めてこれからの対応のためにも頑張ってほしいことです。
きーこさんのはっぴがいいここを読んでください
[PR]
by tonkoid | 2013-05-31 18:27 | 3,11のその後