<   2013年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

汗が出るわけでもないので年配のものは今日くらいの日はクーラーは
まだおよびではないのに、若者は、暑いと言って朝からクーラーをかけており、
日の中ちょっと外出でもつけっぱなし、何度も付けたり消したりは不経済らしいです。
戦争体験者は、なかなかついていくのに時間がかかりました。
老いては子に従えですね。
お年寄りの熱中症が多いわけが分かります。
e0092118_2163939.jpg

庭の石榴は今年は、かずが少ないのです。
食べれないので、残念ですが絵のモデルになってもらいましょう。
[PR]
by tonkoid | 2013-07-28 21:09 | 今日あったこと
連日天候不順で腰痛、何処へも外出できず、ご無沙汰解消のはがきを書きました。
e0092118_2311743.jpg

長い間ペットで病との闘いを過されておられる、ずっと年下なのに、いつも福島のこと心配してくださる友、
阪神震災を経験して、福島を励ましてくださっておられる神戸の先輩、
老人施設に入られた、いつも私を導いてくださった先生、
青森の小笠原厚子さんにと、一度にたくさんの方に書きました。
テレビの高校野球の真剣で純粋な歓声を聞きながら、、のんびりしたはずなのですが
やっぱり
原子発電3号建屋の煙の心配、いつも頭から離れません。大丈夫なのでしょうか。
どんなときにも希望を忘れずにと自分を励ましているのですが・・・・・・。
[PR]
by tonkoid | 2013-07-25 23:01 | 今日あったこと

ハルジョオン 花盛り

庭の雑草を撮って見ました。
事故後手入れをやめた庭には、雑草が伸び放題、お化け屋敷の庭となってしまいました。

雑草といわれるハルジョオンがかすみ草のように見事に咲いております。
e0092118_17204112.jpg
イノコロ草・ヘクソカツラ・ヒメジオンオン・セイタカアワタチ草・イタドリ・スベリヒユ・ 数え切れないほどの雑草、
       “雑草という名前の草はなし” といわれますが かわいそうに、いつも目の仇とは
  露草やキンケイ草も、雑草の分類に入るそうです。

草むしりは手に湿疹が出るのでやっていません。
人を頼んでもなかなかきてくれません。近く除染が入るのだからと、そのままにしておきました。
いまだに何の音沙汰もなし。
問い合わせても、来年の月日は決まってません。
e0092118_18453451.jpg

震災の前の年の収穫 今は荒れ雑草畑  ↓
e0092118_1846280.jpg

ささやかな楽しみでした  早く安心して 花かご作り再開を願ってます ↓
e0092118_18462373.jpg

雑草の中に、何とか二束花を収穫できました。
e0092118_20454487.jpg

[PR]
by tonkoid | 2013-07-23 20:47 | 3,11のその後

選挙に行ってきました

草ぼうぼうの中に咲いていた我が家の花
e0092118_15455113.jpg

選挙が終りました。
自民が圧勝には、考えさせられました。
原発問題を抱えている福島が自民が多かったことは
とても残念です。がしかし
原発一本で当選した山本太郎さんのが救いでした。
又、いつも、当選した事務所から万歳 万歳には違和感を持っていましたところ
さすが 太郎さん
ういた気持ちではいられないと万歳は、NOには爽やかでした。
これから期待できる議員になるようにと、願っております。
[PR]
by tonkoid | 2013-07-21 21:38 | 今日あったこと
よく調べもせず 一方的な情報で判断することは危険と、今までは、読書から遠のいていたのに、少しづつ読んで見ました。
e0092118_10151739.jpg
国策捜査なる言葉が耳に入るようになった。一般市民にはあまり関係がない事であり
テレビ・新聞などで 悪党ヅラなど見たくもないとこの3人のことは、まわりの知人、知るかぎり、徹底的な排斥
当然私も吐き気がするほど厭だった。来る選挙に当たって、絶対生活の党には“いれない”と言い切る友人
なぜと聞いたら、「小沢は部下に罪を犯して自分は無罪 許せない」
色々な本を読んで、考えが変わった私、でも、その友人に何もいえなかった。ミサの最中だったので。

小沢 一郎・ 鈴木 宗男・ 佐藤 優・
国益のために仕事をしてきたことが「犯罪」と言うのであれば、誰がまっとうな政治家なのか、国民の幸せのためにと頑張っている政治家は誰なのか、今まであまり感心持たなかった書物にも、目が行くようになり、何が真実か
判断の基にしたいと思っております。読みました。少しずつ見えてきました。
e0092118_1044258.jpg

[PR]
by tonkoid | 2013-07-19 17:58 | 3,11のその後
 文部科学副大臣としてSPEEDIの予測情報を隠蔽し、年間被爆量を20ミリシ―ベルトまで引き上げたのをスル―。発達障害を親の育て方が悪いと言った方、福島の人にとっては悪名高い人です。
このような人もいれば・・・・。
命をかけて福島を守ってくれるヒーローもいらっしゃる。吉田所長はじめ、現場で働いて居られるかたや、除染作業員。
廃炉への困難な道のりを、現場作業員の身を案じる政治家は何党でしょうか。廃棄物の処理もできないのに
海外に売りつける総理は日本人の恥です。
福島県から自民党が当選したこと世界中の笑いものになっていることも知らないのでしょうか。
これには県民の名誉のためにも弁明させていただきますと「原発は絶対廃止」条約でうたっていたので、入れたそうです。当選してしまうと、トップのいう事を聞いてしまう情けない議員なのでした。
大きな苦しみを受けた県民はそんなに馬鹿ではないはず、見抜けなかったことも残念でした。

放射線の厚いベールの内側にある異世界は、日々忘れられようとしているのではないのかと、フクイチの内と外では、それぞれ別の時間が流れているように思えてなりませんでした。と遠くに住む知人が嘆いておりましたが、全くその通りです。

つたない文で福島からのありのままの発信、でも困難や愚痴を伝えるだけでは前へ進めませんね。

一生懸命少しでも復興への希望を託して頑張っておられる遠い他県の方で、生まれも、育ちも、ここではなかったのに、今福島のために子供たちの教育のために、たとえ、みな福島を去って行ったとしても最後の一人になるまで、ここで、働きますと、
力強いメッセージを発信している方も身近におられ、胸中穏やかではありませんが、福島のため、子どもたちの為に、終の棲家を、ここに決めた私としては、最善を尽くして、その気持ち、行動に寄り添って行くべきと、今回の選挙参加をまわりの人たちに伝え、前進しなくてはと、きのう今日の思いでした。
我が家のシンボルツリー罪深いことをしてしまいました。今はありません。
e0092118_082616.jpg

[PR]
by tonkoid | 2013-07-19 00:15 | 3,11のその後

毎朝の集い

e0092118_16213117.jpg

窓を開けるとすがすがしい緑が?(そう信じたい)入ってくるところで毎朝の体操 30分 (畳の部屋)をして、堅い畳の上は気持ちがいいです。
体操終ると、さあ お口の体操30分、今日の内容は近く来る選挙について、白熱した政治論 あれ以来目覚めました。家に帰ったら夫に・若い子供たち夫婦に・ 孫たちに・必ず命を第一に考えている政党 人物を推薦しますと!!。
老の力を発揮して必ず選挙に期待しましょう。(といいながら
毎回私が投票した人はいつも落選とは・・・・。

[PR]
by tonkoid | 2013-07-18 22:33 | 3,11のその後
“薪を拾う農婦”の絵はとっても暗く、あの有名な夕陽の落ち葉拾いのように
あったかさは感じられなかった。
がしかし、しばらく前を離れることができなかった。

今読んでいる本、拉致された蓮池薫さんの北朝鮮での厳しかった生活の中で
寒い冬地で裏山から家族総出で枯れ木をかき集め、暖を取るために
来る日も来る日も家族を守るため苦労した場面を重ね合わせてしまつた。

6月26日の日記から
e0092118_21513751.jpg

北朝鮮の横暴・欺瞞・もろもろの連日のニュースに、憤るばかりである。再び暴走、孤立を始めた、北 韓国との平和なる統合を切にねがい、一日も早く拉致された人たちの救出に誰もが願い祈っている現在
戦争になれば北は崩壊を招くことは明らか。
最近続けて蓮池兄弟の本を読み胸を痛める。
洗脳に侵された薫さんの見事な生還 まだ本当の事を語ることは救出されない拉致被害者のことを思っての
“拉致と決断”考えさせられる事が多くあった。そして垣間見る思想に唖然としながら
同じく兄である蓮池透さんの
“奪還”を呼んでみて、残された家族の悲嘆と絶望、無為無策の政治家・警察・外務省への怒りなど切実に書かれて、薫さんよりも苦悩との戦いがリアルに書かれてある。北朝鮮と日本のことを「無法国家と無能国家」とまで言い切っている。
先日 辛坊治郎とかいう人が、大騒ぎして助けられたことについて、まずは拉致された人の方が先ではないか!!
めぐみさんが拉致された中学生頃のかわいい盛り、家の娘と同じ年頃、この拉致問題には胸が締め付けられる思いで苦しい。

女として蓮池さんの奥様の子供を産み育てたご苦労はいかばかりかと、北朝鮮を知るためにいつか発表などと
無理なお願いでした。

透さんが、書かれた奪還第二章も読めば、いかに北朝鮮並びに日本の政治家のきわどい権力主義が浮かび上がってきたかがわかり唖然とする。

原発時代に人間の傲慢さで自然を侮どり、いま自然との神秘な関係を絶たれてしまった現代、
森林に、海に、豊かな恵みで満たされていた福島の喪失、復興への厳しい道のり、心痛めながらの観賞・・・・

ストーブ用の薪も燃えカスの灰に高い数値がでたので、ストーブをやめてしまった人。
センス・オブ・ワンダー  子どもを近くの森に連れていくことも出来ない若いお母さんの嘆き。
福島の子どもたちの人権を奪ってしまった原発。(これらは原発で汚された福島の人たちだけ?・・・・)。
 
どこに行っても、何を見ても、食べても、放射能が頭から離れないのは、わたしだけでしょう・・・・か。

折角の絵画鑑賞なのに、ミレーの前での思い。
[PR]
by tonkoid | 2013-07-16 18:18 | 3,11のその後
わずかな距離と時間でしたが、福島から離れてみて、なんと福島はいいところなんだろうと、しみじみ思いました。
放射線に犯される前と今でも。
  ↓ 信夫山 と吾妻山に陽が沈むころ  (2009年)
 
e0092118_2314346.jpg

福島は生まれ育ったところで多くの人たちのかかわり、人間形成の場で今の私がある由に、母なる故郷、大好きな土地でもあり、どんな事があってもここから離れる事など、いまだに考えられないほど好きな場所。
汚されてしまった福島でも、長く住んでますますそのよさを実感。
がしかし
e0092118_22172366.jpg

放射線から離れてのんびり出来るかと思いきや、普段よりも深く関わってしまった2日間でした。
ジーナリスト上杉 隆さんが新幹線車両の中で放射線を測ったところ郡山あたりから福島までどんどん上がってきたというので、私も計って見ました。
(0,08~0,14)を基準に動いておりました。あまりこの数値が変わらないので機械の故障かなと、新幹線上りはあまり変化がなく、横浜 東京と割と低線をキープしておりましたが、帰りの下りは宇都宮を過ぎたころ0,19になり、その後(0,08~o,14)しばらく走って郡山過ぎたころ(0,36~0,14)になり、驚き計量器が動いたので故障ではないことを確認、福島駅の外の西口は0,14で安定、ほっとし、我が家に着いたとたん(0,41~0,61~0,7)と上がるのには、驚き、嘆き、怒りが一度に噴出しました。地面がコンクリートではなく土のせいと解釈しましたが心穏やかではありませんでした。
慣れっこになってしまった福島の日常だったので、帰宅時は落ち着きませんでした。
家の中のパソコンのまわりは(0,09~0,20)あたりを行ったりきたりの状態です。
怖くて自分で庭を除染も出来ず、といって行政は今だになんの音沙汰もなく、問い合わせると来年・月日はわかりませんの返事、どうしょうもなく明日は少しずつ庭にでて私なりの除染を再開せざるを得ません。

ここに住んで放射能を受け入れてしまったのだから、もう共存しかない、福島エートスを立ち上げた方の意向を素直に解釈し、これからここで助けていたいただきながら、あと5~6年は生きよう?(私の平均寿命)と決意してますが、エートスは、ただ安心、ここに普通に暮らしても安心 10マイクロシーベルトのところで安心して住むんでいいのだとうたっております。(そうならば我が家は除染なんて関係ないのか)
放射能は微量でも危険だという報告もあり
危険なのか、そうでないのか、どちらか分からない場合には「危険だとしたら」、という考え方で生きていく方が
将来への危険回避へとつながり、又将来被害が出たらこのエートスを掲げている人は大きな犯罪を犯すことにもなるのではと思ってしまう。

まわりの除染の一日も早い処理、食品の規制、簡単に計るように身近に数多く機械を設置し、子供たちだけでなく40台~50代の人たちの検査を、健康管理を、医療費の配慮 小さな子たちの保養、チエルノブイリをもっと参考に、学びの会をおおく開くなど、そのような活動を実行することはなかなか困難な様子。(エートスは何もしなくともいいという半谷氏)先のことは誰もわからない。

福島から一人でも出て行かないようにとの政策だったら
いち早く安全対策実行、市民に納得させる事でしょう。

高校生を集めて半谷輝巳氏の
“福島は大丈夫だから、何を食べても(山菜など1kも食べないでしょうから)大丈夫”と科学者、専門家でない人が赤い羽根募金資金で講演会をしているとか、なにが正しいか見極めるためにも、一般の人も他人任せではなく一人一人がいろいろ学ぶべき、そして一日も早く上で述べたようなことを実行していただきたく願っております。
ここも覗いてください
[PR]
by tonkoid | 2013-07-15 17:10 | 3,11のその後

家から離れて

所要で急に上京してきました。
福島を出て33時間で一泊の脱出でした。
用事を済ませてからの日程
8時間の睡眠ホテルでのんびりして、後は観光、おいしい物を食べて、 美術展、(プーシキン美術館)デパート内の(中原 淳一展)を観ることが出来ました。
大学在中の孫娘も一緒の夜を過し、うきうきの私でしたが(すっかり放射線からの思いを忘れるためにも)
楽しい一夜を過ごしてきました。
膝のトラブルで何年もいけなかった都会、久しぶりでぶらぶら出来ました。いつもより3倍も多い万歩計の針をみて驚きでした。
e0092118_21474025.jpg
e0092118_21485219.jpg
e0092118_21494737.jpg

ホテルでは癒しの時間
e0092118_21543521.jpg



しばしの時間でしたが小旅行で、元気になりました。
[PR]
by tonkoid | 2013-07-13 20:49 | 今日あったこと