カテゴリ:教会( 109 )

喜びの日

志を同じくしておりますグループの友人のお子息様が今日
新しくカトリックの司祭となられ、初ミサを挙げていただきました。
10年間の勉強の結果 認められて(誰でもなれるわけではない) サレジオ会の司祭に叙階され
記念ミサでした。
ご両親様のお喜びとともに、大勢でお祝いをしました。
福島のためにもお祈りくださいまして、午後は相馬の被災地へお出かけになられました。

神様からのお恵みをたくさんいただきながら、それに気づかず、不平不満ばかりの私でした。
福島は、いや日本は迷える一匹のヒツジ 神様は必ず探し助けてくださること信じて、正義のために
これからも、働く勇気と、励ましをいただいてきました。

 〝喜びは分け与えるもの”とのメッセージをいただいて、満たされて帰途に就きました。
さあ いつも 喜んでいなさい どんな時にも祈りなさい パウロの言葉を口ずさみながら。
e0092118_16212539.jpg
e0092118_16215341.jpg

[PR]
by tonkoid | 2013-09-21 16:24 | 教会

受難の主日

聖週間に入りました。
棕櫚の枝を(日本ではソテツの葉)手に持って・・・・・歌いながら行列する。
 四旬節の最後の日曜日は、「受難の主日」あるいは「枝の主日」と呼ばれています。

「主の晩餐の夕べのミサ」(聖木曜日-夕方-)から、「主の受難の祭儀」(聖金曜日-夕方-)を経て、「復活の聖なる徹夜祭」(聖土曜-夜-)を頂点とし、「復活の主日」に至る三日間が、新しい「主の過越しの聖なる三日間」と呼ばれるようになりました。
聖なる三日間は夜になるので年配の方は参加できる人、8日の復活祭には、病人を除いて皆参加します。
e0092118_21533173.jpg

[PR]
by tonkoid | 2012-04-01 20:36 | 教会 | Comments(2)

クリスマスの準備

私の所属している教会のクリスマスの準備は1週間前に行います。
お御堂の大きなツリーと、外の樹木と馬小屋は男性 室内のテーブルとツリーとリース5ヶは女性がやります。
なまの枝葉は今年はすこしだけ。
当日はどんなご馳走が並ぶのでしょうか。

今朝 初雪 昨年と同じ日に。サンタさんが私の庭にもやってきました。
e0092118_203231.jpg
e0092118_2052639.jpg

[PR]
by tonkoid | 2011-12-17 20:42 | 教会 | Comments(4)
年間33主日に第二朗読、使徒パウロのテサロニケの教会への手紙に耳を傾け、今の私への呼びかけと奮い立って聴き入りました。
3節 人々が「無事だ 安全だ}と言っているそのやさきに、突然、破滅が襲うのです。ちょうど妊婦に、産みの
苦しみがやって来るのと同じで、けしてそれから逃れません。しかし兄弟たち、あなたがたは暗闇の中にいるのではありません。ですから、主の日が、盗人のように突然あなたを襲うことはないのです。あなた方はすべて光の子、昼の子だからです。わたしたちは、夜にも暗闇にも属していません。従って、外の人々のように眠っていないで、目を覚まし、身を慎んでいましょう。

七五三のミサでは、子供たちへの健やかな成長を願い一人一人祝福していただき、プレゼントで最高の笑顔の子供たちにビリーブを歌ってお祝いしました。ただ子供の数が半分になってしまったこと、ここに残ざるを得なかった子供たちのその親たちの心の内をおもい複雑な気持ちでもありました。
e0092118_17581658.jpg

教会婦人部で、昔活躍なさっておられた大先輩を見舞ってきました。97歳になられ、最近食欲が落ち御家族の方は心配なさっておられましたが、満面の笑みを持って逢ってくださいました。ただ静かに微笑んでおられただけで多くのことを教えていただきました。
e0092118_17504444.jpg
e0092118_17512152.jpg

e0092118_17513493.jpg


もう一人の方は、突然の訪問で、お休みのところ起こしてしまいましたが、聖書をしっかりとお読みになられ
驚いてしまいました。

神様からの恵みあふれる深い愛に感謝の日でした。



e0092118_17535615.jpg

[PR]
by tonkoid | 2011-11-14 20:42 | 教会 | Comments(2)
昨日は
英隆一郎師 指導司祭 をお迎えして
黙想会とミサ(いやしの塗油がありました)
e0092118_1254496.jpg

イエズス会の英神父さまは、鎌倉から釜石と、福島で信者たちに、慰め 励まし 勇気 希望を
講話と、私たちに力を与えてくださいました。
心が弱っている私たちは、3時間の交わりで、いやされました。
[PR]
by tonkoid | 2011-05-05 12:32 | 教会

待ちに待った復活祭

厳しい四旬節が終わり、喜びの復活祭です。

先週の日曜日は受難(枝)の主日
21日は聖木曜日 主の晩餐
22日は聖金曜日 十字架の道行き主の受難
23日は聖土曜日 復活の徹夜祭
e0092118_12465794.jpg

教会では有志が集まって卵600くらい茹で 皆で絵を描いたり 綺麗にラッピングしたり
たのしい仕事がありますが、今年は各々自宅でつくって持参 神父さまに祝福していただいてから復活祭に
配ります。イースターエックラップで 簡単に つくることが出来ました。
庭のお花の中やいろいろなところに隠し それを子供たちが喜び探し当てる楽しい行事がありますが、
今年は雨の模様なので子供たちの声はきかれないかも。

23日光の祭儀
洗礼式もありました。
e0092118_2332956.jpg
e0092118_233453.jpg
e0092118_234244.jpg

[PR]
by tonkoid | 2011-04-23 22:39 | 教会
風邪をひいてしまい、すっかり閉じこもってしまいました。
気力喪失、落ち込んでいた私を、友人のお孫さんの洗礼式で、今日は元気を取り戻すことが出来
感謝いっぱいでした。
e0092118_20325630.jpg
澄んだつぶらな瞳に神様の愛と
ご両親の愛の深さを見ることが出来た感動的な日でした。
e0092118_20331545.jpg

10日間一歩も外に出なかったのに
いったん行動開始したとたん、お昼時だというのに
うっかりkeikoさん宅へ、ご馳走になってしまったとんまなtonkoでした。
e0092118_21494718.jpg

[PR]
by tonkoid | 2011-02-06 20:33 | 教会

ベトナムからの留学生

福島大学に留学のアン・トゥーさんのお母さん ベトナムでは失明絶望のところ 郡山の病院で再び光を取り戻されました。
教会姉妹の方のお母さんが目の手術のための資金に困っておられるのを知り、日曜ごと教会で募金をしてささやかではありますが、
支援グループと協力、今日差し上げました。
クリスマスにちょっとしたいいことの出来事でした。
e0092118_2112864.jpg

庭のローズマリーの枝に、ナンバン・にんにく・シナモン・ピーナツをつけて、キッチンリースのプレゼントを作りました。
e0092118_15233014.jpg

[PR]
by tonkoid | 2010-12-21 15:14 | 教会
待降節第4主日 
ろうそくが1本のこるのみで3本に灯が灯りましたした。
幼子イエスのうちに、愛と希望の光を見いだすことが出来ますように今日のミサにあずかって参りました

待降節の1週間まえに、お祝いの飾り付けをします。
毎年のごとく大きなもみの木と外の馬小屋は男性軍 部屋の飾りつけは女性軍と手分けして準備します。
私たちは、リース大きいのが4ヶと小さいリースを作り 会場のツリーとテーブルの飾りつけでした。
総勢30人以上のお昼食準備の方がたとと、和気藹々のうちに、 午後2時には大体でき上がりました。
リースは教会の庭からと、我が家のゆうかりのえだや赤い実を使ってリボンや松ぼっくりは昨年のもので
立派なものが出来ました。 ろうそくも手芸部の手作り 経費1銭もかからず、エコでした。(断捨離には少し遠いかな)皆で協力して準備したことが何よりの満足感を味わってきました。
e0092118_19252417.jpg

e0092118_19262257.jpg

今回リサイクのろうそくは 5年前のものでした。
4年前からは教会きってのデザイナーmatukoさん一任のテーブルセッテングでしたが
今年からは若い希望者でやりました。
e0092118_20311658.jpg

[PR]
by tonkoid | 2010-12-19 17:00 | 教会

ご案内

第10回目クリスマスの集いのご案内
今は亡きSr tawarayaと益子Srの後押しで,M・Bセンターに於いてこの会が誕生しました。
 
あの日から10年目10回目を迎えることが出来ました。

地域の方がた、クリスマスミサや教会まではと思っておられる方
ブールジョワセンターの中を見学したい方
どなたでも結構です。
 ささやかではありますが私共と12月12日の日曜日 午後御一緒しませんか。
e0092118_19463669.jpg

昨年度の様子です
e0092118_19484734.jpg
e0092118_1950412.jpg
e0092118_19504574.jpg

[PR]
by tonkoid | 2010-12-05 15:10 | 教会 | Comments(2)