カテゴリ:庭の花々( 188 )

紫苑の花

ミソハギ・トラノオ・ユウセンカツラも終わり、いまは庭一面に紫苑の花が咲きました。縞ススキ(店では一本¥100、びっくり)がたくさん茂り、お月見には、縁側に紫苑と添えてたくさん飾りました。
e0092118_2020169.jpg

我が庭は30数年から、土を掘り起こし、ふるいにかけて土に混ざった石を取り除き、草木をもやした灰や、台所から出た野菜のくずを発酵させたものや、その他の肥料を土に埋め込み、耕し、肥沃にした土地に、
種を まいたり、移植したり、雑草を取ったりして、何種ものハーブを育て、見事に繁み、香りいっぱいの花籠を、たくさんの人に楽しんでいただきました。ささやかな庭でしたが、3・11以来、見事に汚れてしまい、3年近く、遠のいてしまいました。
それなのに、なにも構わないのに、春が来て夏、秋と雑草にも負けず、次から次えと咲いてくれ、しょぼくれていた私を慰めてくれました。
ユウカリーは屋根まで伸びで、元気あふれる葉を付けて生きて、私を元気付けてくれております姿に、
はっと気がつきました。
残す時は後わずかの人生、一日一日大事に充実した時を送らねばと!!
[PR]
by tonkoid | 2013-09-25 09:06 | 庭の花々

それでも花は咲く

何の手入れもせず放棄してしまった我が庭 雑草の中からひっそりと
やさしく咲いて寄り添ってくれております。
e0092118_2120472.jpg
e0092118_21213960.jpg
e0092118_21223590.jpg

 こんな蛾が玄関前に 初めて見る トンボでもなし 蜂でもなし
e0092118_21362545.jpg

  ↡ ウメエダシャク  カノコガともゆう  図鑑から
e0092118_21435070.jpg

  
[PR]
by tonkoid | 2013-09-02 19:16 | 庭の花々
e0092118_20164042.jpg

手入れもせず 草も刈らず延び放題 ごめんね。
赤 白 ピンク と入り混じったつつじ 昔母が挿し木をしてたものが
何とか形になってます。
昨年 一昨年は このつつじどうだったのかさっぱり覚えてません。
今年は何故かとってもいとおしくカメラを向けてみました。
今日あたりはすっかり終わり 又来年の楽しみになってしまいました。
e0092118_20165044.jpg

草はぼうぼうです。
[PR]
by tonkoid | 2013-06-23 20:13 | 庭の花々 | Comments(0)

それでも花は咲く

むなしくて、庭の手入れもやらずにいたのに、汚されてしまった土地から何種類もの水仙が咲きました。
e0092118_22114943.jpg

そして間違いなくここにも春がやってきました。
e0092118_22153460.jpg
e0092118_22155123.jpg
e0092118_21195452.jpg

[PR]
by tonkoid | 2013-04-13 22:03 | 庭の花々

健気に咲いきだしました

昨年と今年は庭の手入れをすっかり見放してしまったのに、それでも咲いてくれました。
e0092118_753956.jpg

e0092118_765547.jpg
e0092118_775718.jpg
e0092118_792585.jpg

e0092118_7105783.jpg

[PR]
by tonkoid | 2012-05-18 12:25 | 庭の花々 | Comments(4)

乙女椿が咲きました

明るい気持ちになり慰めをもらってます
e0092118_18484492.jpg

今から50年まえ、亡き母が植えてくれた梅と椿
花が咲くころになると、懐かしく思い出がよみがえってきます。

昨年、松の木と梅の木を一緒に切ってしまう予定でしたが、庭師が梅は後でと帰ってしまいました。
おかげで今年はきれいな花を見ることができました。
一本一本思い出があるいとおしい庭の木々です。
[PR]
by tonkoid | 2012-04-23 18:49 | 庭の花々 | Comments(4)
e0092118_10172817.jpg

何事もなかったように振舞えと学校の先生方は教育されたのか
貝のように固い口

いつか国の宝に接しておられる子供たちに対する思いを先生方の本当の心の中を伺う日が
一日も早く来ることを願ってます。
[PR]
by tonkoid | 2011-09-26 11:17 | 庭の花々 | Comments(7)
庭の手入れすっかり遠のいてしまったのに
それでも咲いてくれました。
今日はクーラーをつけずに涼しく過ごすことが出来ました。
e0092118_19445876.jpg

[PR]
by tonkoid | 2011-08-19 19:40 | 庭の花々 | Comments(4)
朝2時間半 夕方1時間半 計4時間 (雨どいの所は9,999をきっております。)
どうしてもやる気がなかったところ草むしりをする。
ベルガモットの甘い香りを体中に浴びながら、思い切って刈り取る
まだまだ根をぬき取るに偲びなくみちかく切り落とすだけとする。
昨年は数本で寂しかったが今年はとても元気に咲き誇ってくれました。
昨年の花↓
e0092118_11225491.jpg

今年の花↓今年は切花としては一度もつかいませんでした。(しばらくいい香りに包まれながら午後を過ごす。)
e0092118_11293943.jpg

茗荷 
 大好物の茗荷 今年は食べられなくなってしまいました。
これから何年も収穫は出来ないでしょう。思い切って引き剥いてしまいました。
e0092118_11402377.jpg

ようやく小さなピンクの赤ちゃんになっていました。
甘酸っぱい香りをいっぱい吸いながら“ごめんね”の連発。
昨年の梅酢付け↓
e0092118_11421627.jpg


飯館の方がたのどんなにか無念だった事かと思うと、言葉が詰まり胸が締め付けられます。
[PR]
by tonkoid | 2011-07-23 22:22 | 庭の花々 | Comments(8)

花から癒しをいただく

無我夢中だった3月・4月・5月に入っても心はどこに?
とうとう ライラック・カンパニュラ・シャガ・ムスカル・水仙・の花姿は目に入らず撮れませんでした。
もう終わってました。
矢車草も今年はこぼれ種であっちこっちにあるだけ。
花が終わっしまったムスカル。
e0092118_17483113.jpg

ヒメウツギ・づぼサンゴ・アイリス・シランなどは何とか記録できましたがみなピンボケ。
e0092118_17275514.jpg

いつもと一つもかわらず、5月の緑が太陽の光で一段ときれいな輝きを放ち、近くの田には水が入り、、、
 
私の庭の花も、毎年どうり咲いてくれているのに

まわりは、 いつもとひとつも変わっていないのに
 
なのに なのに 変わってしまったのですね。

調べれば調べるほど恐ろしくなる昨日今日落ち着きません。
[PR]
by tonkoid | 2011-05-25 20:30 | 庭の花々 | Comments(2)