IAEAとWHOのあまりにもひどい狂気

何度も見ました。そして出来るだけたくさんの人に見てほしい動画です。

真実は何か
国連の組織は人間の平和のためにあるべきだと思っておりましたが、
あまりにもひどい状態に怒りの悔しさの涙 涙でした。3/11以前は最大の信頼を持っておりましたのに、こんなにひどい国連機構とは。

低せん被曝を毎日あびている者としてこの動画は必見。一日も早く子供たちの検査を。安心して治療を(経済面)受けられるように。
今の大人たちはこれからの子供たちのために立ち上がらなければいけないことでしょう。
長い動画ですが、ぜひ見てほしいものです。
[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2013-01-04 22:28
ありがとう。
見ました。
内部被ばく、低線量被曝の影響を認めないという非科学的、断定的な言い方、正攻法ではなく圧力で真実を隠蔽するやり方、実にひどいですね。
多くの子供たちの目が可哀そうでした。
私もこの動画をアップしますね。
Commented by tonkoid at 2013-01-07 08:35
★ saheiziさん
紹介していただきありがとうございます。
25年後福島もこのようになっては困ります。
最後の場面に出てくる女医さんの言葉が胸に来ました。
IAEAtとWHOは私たちを守るのではなく陥れるための機構だったのでしょうか。
まわりは少しも徐染が進まず、個人でやっている人は近くの川原に夜こっそりと捨てております。市会議員もその一人。
Commented by junko at 2013-01-07 18:40 x
Ciao tonkoidさん
なんとも酷い、言葉になりません
日本の原子力安全委員会と推進委員会の癒着と一緒
利害、目的が相反する機能があるから、そこにチェック機能が生まれると言うのに、、、、
こうして、日本もまた放射能の影響を無視し続けながら、時が経つのをまっているのですよね
そして、何年か経って、、これは放射能のせいではないと図々しく言い張る
彼らの利益に比べたら、人間の命など、取るに足りないものなのでしょう
酷い世の中になったものです

そして、この動画を見て再度、悪党とそうでない人の見極めがまた近年実に簡単になったと、苦々しく思いました
彼らこそ、悪の体内被悪者です


Commented by tonkoid at 2013-01-07 22:48
★ junkoさん
遠くに国から思いをふくしまに寄せていただき、私たちはおかげさまで怒りの気持ちを奮い立たせる事ができます。
安倍政策は一にも二にも経済 経済と唱えております。
親しくしている方とも最近あまり言葉を交わすこともなくなってしまった悔しさ 環境省のすざんさ、無関心な人、
私はもっぱら変人扱いにおもわれておりますが、めげず何かしなければという思いでいっぱいです。
Commented by cocomerita at 2013-01-09 15:47
tonkoidさん、TBさせてもらい、私のところでも紹介させてもらいます
Commented by dankkochiku at 2013-01-09 21:25
cocomeritaさんのブログからこちらへ来ました。 チェルノブイリ原発事故から26年もたった今も放射能被害について激しい論戦が国際会議で行われていることを始めて知りました。 こうした会議が開催されていることすら報道せず、国民的議論を起こそうとしない日本のマスコミの姿勢に憤りを感じます。 どうもありがとうございました。
Commented by tonkoid at 2013-01-10 10:01
★dankkochikuさん
見ていただきありがとうございました。
チェルノブイリには3,11以前から気になることがあり目を離せませんでしたが、今自分がこうなることとは思ってみませんでした。
最近チェルノブイリに視察に行った方の講演会などで知らされたことは当時の隠蔽がはなはだしいようでした。26年たった現状で幼児の健康また死亡者が多発と聞き、これからの福島を憂い、東北
関東の人たちの健康を老婆心ながらかすれ声で発しておりますので、何かと情報お知らせくださいますようにお願いいたします。

ドナウ河クルーズはいつか行ってみたい、ぜひお勧めと(上智 ネメシギ神父)行ってみたいところですので、わくわくしながら旅行記拝見させていただきます。
Commented by 小林茂 at 2013-01-10 11:34 x
折に触れて拝見させていただいております。近藤さん主宰の福島大学、それにうさぎやさんでの会合でご一緒させていただきました。年末年始は松川を挟んだ鉄砲畑の自宅で信夫山をながめながらすごしました。
さて、この慄然とす映像。これが国際原子力むらの現実なのでしょう。こんなIAEA,WHOに福島の復興をゆだねた知事、県はきわめて罪深いものがあります。それを何とか打ち破る一年に、と考え、行動につなげたいと思います。なお、事後連絡で恐縮ですが、この映像、多くの皆さんにも見ていたいだきたいので、ブログ内容とともに、フェースブックに拝借させていただきました。
Commented by tonkoid at 2013-01-10 12:14
★小林さん
コメントありがとうございました。
未来のことを思うと何もしないではいられない心境で
わめいております。幼稚な情報探しでゴミを散らばしているのではと反省しつつ皆さんに助けていただきたくブログを継続しております。
東京新聞は小林さん(福大での出会い時)から目を通すようになりました。
Commented by polepole-yururin at 2013-01-11 07:20
友人にも伝え、見たようです。
すごく怒っていて、悲しんでいました。
私も同感で、このような体質は世界じゅうにありますね。
私は大人をずるいと子どものときから今に至りおもっていましたが、原子力をとってみただけでも恐ろしいことが起きていて、ずるいどころかなんて悲しい世界を構築し、のうのうと存在している人間がいるのかと思います。こんなにあくどく生きて人間はいいのか・・・と本当に思います。
Commented by tonkoid at 2013-01-11 21:46
★ polepoleさん
政治家もマスメデアもみんなこのたびの出来事で本心あらわにしたようです。
一般市民から信用を なくしてしまいましたね。その信頼を取り戻すためにこれからどうするのでしょうか。
見抜く力を私たちは育てていかなければ成らないでしょう。
信頼している子供たちを裏切ってはいけませんよね。
Commented by yo-ko at 2013-01-17 19:42 x
初めてコメントさせていただきます。
こんなこと初めて知りました。相反する組織はつながっていただなんて!!
ひどいですね~悔しいですね~

いつも犠牲になるのは弱い罪もない子供たち。

もう悪魔の心を持った者としか言いようがありませんね。

私たち国民が利口になって目覚めなければこのようなことは続いていきますね~

それでも自公政権はこの場に及んでもまだ原発推進です。

このような実態をブログをやっている方たちだけでも目にしてアンチエイジングだとかオフ会だとどこのレストランで食べたのだとか浮かれている方たちにもこの現実を見てほしいです。

国民の私たち一人一人が騙されないで事実を見ていかないとこの国も世界も変わりませんね。

Commented by tonkoid at 2013-01-17 23:48
★ yo-koさん
見ていただきありがとうございます。
信頼していた機構にまんまと裏切られたようで残念です。
4号機の危険な状態の中で、無関心で居られることは出来ません。
心配性といわれても、、、、
何をしても気持ちはいつも原発からいまだに方出されている放射能のことです。
本当に心配している人はもうとっくにここを脱出してます。
悩みながらも前向きにならねばならないと叱咤激励?もできずに下ります。
コメントありがとうございました。
by tonkoid | 2013-01-04 17:54 | 3,11のその後 | Comments(13)